ディルドバス痴姦


淫穴に挿入された極太ディルドを出し入れされる哀れな女達。

女性は、痴漢の卑猥ないたずらに戦慄きながらも、性的快楽に抗うことが出来なかった。

人差し指と中指を女に媚肉にあてがい、ゆっくりと割り開くとオマンコがパックリと口を開け、物欲しそうにヒクヒクと蠢く。
湿ったイソギンチャクの秘口にディルドの先端を押し当て、ゆっくりと沈めてゆく。

ぬりゅっ・・ぬりゅぅ・・ぬちゅ・・・

極太ディルドが出し入れするたびに、女の卑猥な秘唇は淫猥な音を立てながらめくり上がり、サーモンピンクの内壁を露わにする。

それと同時に感度の高まった女性器の内奥からは、悦楽のオメコ汁がジュプジュプと溢れ出てくる。

「はぁっ・・ん・・あっ、ああン・・・」

内腿をビクつかせながら強制的にアクメを迎えさせられ、あまりの気持ち良さに女は、はしたなくオシッコを漏らしてしまう。

「ああっ・・も、もっと・・して・・・」

バス車内は、女の果てしない性欲願望が聞こえてくるかのような淫猥な雰囲気に包まれた。

サンプル動画を見る


【おすすめ動画】